メニュー

当日すぐ結果が出る新型コロナ遺伝子検査装置導入のお知らせ

当院の発熱外来では、 13分以内で陽性陰性の判定を正確にできる核酸検出検査装置『 ID NOW 』を導入しました。『 ID NOW 』はアボット社独自の等温核酸増幅技術によって、PCR検査と同等の精度の遺伝子検査を、非常に短時間で行えるようにした装置です。

従来はPCR検査の結果を翌日にお伝えしておりましたが、ID NOWを導入したことで、PCRレベルの精密な結果を「当日に」お知らせできるようになりました。また、この装置で使用する検査キットは厚生労働省から新型コロナウィルス体外診断用医薬品として承認を受けています。

核酸増幅検査にははPCR法と等温核酸増幅法(NEAR法やLAMP法)がありますが、この検査装置は、SARS-Cov-2 核酸検出検査を NEAR 法により実施します。NEAR 法はPCR法と違って短時間で結果がでます。この検査は PCR法と同等(PCR 法と陽性一致率 93.3%、陰性一致率 98.4%とほぼ同等の精度)の高感度遺伝子検査として、日本の厚生労働省でも承認済みの精度の高い検査方法です。ちなみにコロナウイルスにおける核酸増幅検査は一般的には全てPCR検査と呼ばれているのが実情です。(本来はPCR法の他にNEAR法やLAMP法があります)よって、学校や職場への報告は「PCR陽性(陰性)だった」と報告しても構いません

 

メリットをまとめるとこんな所です。

1,ID NOWのNEAR法はRT-PCRと同等の信頼性を持った遺伝子検査

2,陽性は5分、陰性は13分以内と、迅速に結果が出る(RT-PCRは早くても結果は翌日)

3,ID NOWは鼻咽頭もしくは鼻腔で行うので1時間前に禁飲食にすることはない

 

デメリットとしては

1,RT-PCRと違って唾液では検査ができない

2,試薬のウォームアップなどの事前準備があり、1人あたり約15分かかるので一度に何名も検査ができない

→ 検査が多数の場合は唾液のRT-PCRや抗原検査(症例に応じて)と併用する

3,精度の高い検査方法と言っても完全ではない(RT-PCRと同じく偽陰性が存在する)

→ 陰性であっても症状的に疑わしい場合は翌日に再検査を行うこともあります

 

ということで、

「RT-PCRと同等の精度で、当日に検査結果が出るID NOWの検査」を導入したとのご報告でした。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME